本文へスキップ

宇都宮の整体「オステオパシー川崎」

028-678-9133

四十肩・五十肩いわゆる四十肩・五十肩というのは、医学的には肩関節周囲炎と呼ばれるもので、その年代の人に生ずる鋭い肩の痛みと、それに伴う可動域の制限が特徴です。

四十肩・五十肩の特徴

  • 突然の激しい肩の痛み
  • 可動域の制限(水平より上に上げられない、後ろに手を回せない、等)
  • 就寝時の痛み(特に初期段階)
  • 放っておいても半年から2年位で自然に治る

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩の原因は不明とされています。

近年では、症状が類似している場合でも、石灰の沈着、回旋腱板損傷、滑液包炎、等、原因が明らかな場合は、四十肩・五十肩には含まれなくなりました。

当院では、回旋腱板と呼ばれる、肩関節を安定させる筋肉の痙攣と、それに伴うトリガーポイントの発生が原因であると考えています。

回旋腱板

上図は回旋腱板を前と後ろから見た所ですが、5種類の筋肉が肩関節を取り巻いていて、更に、これらを覆うように付く、大きな筋肉も肩の動きに関係しています。

これらの筋肉のどれが(多くの場合、複数の筋肉)痙攣を起こしているかによって、動きの制限が変わってきます。

当院の四十肩・五十肩整体

まず、丁寧な検査によって、問題を起こしている筋肉やトリガーポイントの存在を特定します。

そして、筋肉の凝り固まった部分を徐々に圧迫したり、ストレッチ、関節運動などを併用して筋肉をほぐし、可動域を拡大していきます。

肩の動かし方によっては激しい痛みを伴いますので、その点を特に注意しながら、痛みのない施術を行います。

1度の施術で完全に元の状態まで回復することはあまりありませんが、痛みの軽減や可動域の拡大は感じられますので、回数を重ねれば、徐々に回復していきます。


028-678-9133 宇都宮の整体「オステオパシー川崎」の場所

〒320-0061
栃木県宇都宮市宝木町1-269-7

最寄り公共交通機関
JR宇都宮駅(5.1km)、東武宇都宮線宇都宮駅(3.8km)、関東バス東中丸停留所(700m)

JR宇都宮駅西口から駒生営業所行きの関東バスに乗り、『東中丸』で降りてから徒歩9分です。詳細は公共交通機関でお越しの方をご覧下さい。

MAP
大きな地図で見る

オステオパシー川崎オステオパシー川崎

〒320-0061
宇都宮市宝木町1-269-7

TEL 028-678-9133

営業時間 9:00-19:00
(最終受付18:00)

定休日 日曜日
     (第4日曜は営業)


スマートフォン版