本文へスキップ

宇都宮の整体「オステオパシー川崎」

オステオパシーとは

オステオパシー概要

オステオパシーというのはギリシア語のオステオン(Osteon=骨)とパソス(Pathos=病理、治療)から来ていて、日本では整骨療法と呼ばれていたこともありますが、実際には骨だけではなく、筋肉、靭帯、血管、リンパ、神経、脳脊髄液、など、あらゆる組織に対して調整をします。

スティル博士創始者(スティル博士:右写真)がオステオパシーと名付けた理由ははっきりとはしていませんが、あらゆる病気や異常が、体の基礎ともいえる骨格に表れる事から、“骨”という言葉を中心に据えたと言われています。

オステオパシーは医学ではありますが、いわゆる西洋医学とは考え方が大きく異なります。

西洋医学では、病気を各器官の独立した異常として捉え、局所的、あるいは対症的に治療します。例えば、胃潰瘍になれば、その原因を追求して治すのではなく、結果として発症した潰瘍そのものを薬や外科療法で治します。

それに対し、オステオパシーは、“結果”を治すのではなく、そこに至らしめた“原因”を治すアプローチを取ります。

その理由は、原因が存在する限り、結果として出た症状を抑えても、それは形を変えて必ず又発症するからです。反対に、原因さえ取り除けば、症状は自然に消失します。

体には、自己修復能力(=自然治癒力)と、恒常性(ホメオスタシス)と呼ばれる健康維持の力が備わっています。身体や心に多少の問題が起きても、殆どの場合はこのふたつがうまく働いて、健康を維持してくれます。

病気が発生する時というのは、何らかの原因でこれらの力が落ちて、体のバランスが崩れた時です。

オステオパシーの治療は、この自然治癒力を最大限に発揮させる為に、その妨げとなっている要素を取り除く事を主眼に置いています。そして、自然治癒力が回復した後は、患者さん自身の力で健康を取り戻すのです。

施療で使うテクニックは多岐に渡ります。ポキッと音の出る関節の調整法や、筋肉を動かして行う方法、繊細なタッチで筋肉を覆う膜を調整する方法、触れるか触れないか位の力で頭蓋骨を調整する方法、等があり、お客様の年齢、体格、体力、症状の程度によって最適な方法を選択していきます。

オステオパシーで改善が期待できる
主な症状(個人差があります)

頭頸部

  • 頭痛
  • めまい 
  • 眼精疲労
  • 耳鳴り
  • 顎関節症
  • 寝違え
  • 頸椎症・頸椎ヘルニア

上肢 

  • 頭痛
  • めまい
  • 眼精疲労
  • 耳鳴り
  • 顎関節症
  • 寝違え
  • 頚椎症・頚椎ヘルニア

体幹

  • 背部痛
  • 側弯症
  • 腰痛
  • 腰椎分離症・すべり症
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 生理痛

下肢

  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 膝痛
  • 変形性膝関節症
  • O脚・X脚
  • 足首の捻挫
  • 外反拇指
  • 足の裏の痛み

体全体

  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 発達障害・自閉症
  • 内臓疾患
電話を掛ける場所を確認
予約フォームメールで問い合わせ・予約

営業時間:9:00〜19:00(最終受付18:00)
定休日:日曜日(第4日曜日は営業)
駐車場:有り(3台)

地図

大きな地図で見る

※カーナビを使われる方は、『宇都宮市宝木町1丁目269-7』と入力して下さい。
『オステオパシー川崎』や、電話番号を入力すると、移転前(2015/5)の店舗に案内されます。

営業カレンダー


copyright©2011 Osteopathy Kawasaki all rights reserved.