本文へスキップ

宇都宮の整体「オステオパシー川崎」

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症というのは、脊髄が通る、背骨の中の脊柱管という空間が狭くなった状態で、多くの場合は加齢現象によるものです。 
(右イラスト)

この狭くなった空間が脊髄を圧迫して、しびれや痛みが出ると言われていて、症状がひどい場合には空間を広げる手術をする場合もあります。

ちなみに、高齢者のレントゲンを撮ると、かなりの割合の人にこの状態が発見されるそうですが、全員が腰痛を持っているかというと、無自覚の人も多いようです。

脊柱管狭窄症の症状

  • 痛みで、長い距離を歩けないが、休むとまた歩けるようになる(間歇性跛行)
  • 安静時はほとんど痛みがない
  • 立っていると、下肢にしびれや痛みが出る
  • 腰を曲げると楽になる
  • 自転車に乗るのは大丈夫

脊柱管狭窄症に対する当院の考えと施療

病院で脊柱管狭窄症と診断される方には、いくつかの特徴的な傾向があります。

ひとつは、体を前に曲げる時に使う大腰筋という筋肉が非常に緊張していること。


もうひとつは、腰の横辺りにある小殿筋という筋肉に硬結(コリコリとした塊)があることです。

このふたつの筋肉を緩めることで、殆どの人はその場で背中を伸ばすことが出来、下肢の痛みやしびれから解放されて、スタスタと歩けるようになります。

慢性期が長い方の場合は、少し無理をすると元に戻りやすいので、最初は数日おきの施療が必要になりますが、回復度合いを見ながら、徐々に通院間隔を広げていきます。

電話を掛ける場所を確認
予約フォームメールで問い合わせ・予約

営業時間:9:00〜19:00(最終受付18:00)
定休日:日曜日(第4日曜日は営業)
駐車場:有り(3台)

地図

大きな地図で見る

※カーナビを使われる方は、『宇都宮市宝木町1丁目269-7』と入力して下さい。
『オステオパシー川崎』や電話番号を入力すると、移転前(2015/5)の店舗に案内されます。

営業カレンダー


copyright©2011 Osteopathy Kawasaki all rights reserved.